01692223
ルービック掲示板
[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色
・はじめて当掲示板をご利用になる場合は留意事項をご一読ください。
・ルービックビルダー認定証に関する詳細はコチラ
・LUBIC[ルービック]以外の製品に関するお問い合わせはサポートブログをご利用ください。
・画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。

構想を練る助け? 投稿者:mra 投稿日:2007/08/05(Sun) 04:22:35 No.2509   
自分はLubicでPCケースを作る際にExcelFileで3面図を書いていたのですが、先日twobybuilder(2xbuilder)というシェアウェアソフトで簡単に3Dモデリングが出来ました。細かな寸法まで作れるかはまだなんともですが、直感的で簡単操作、3Dでおおまかなレイアウトを見るには十分だと思います。試用期間や機能制限は無いみたいなので、CADを覚えるのはちょっとという私みたいな人には一度使われて見てはいかがでしょうか。

Re: 構想を練る助け? - ルービックstaff 2007/08/07(Tue) 21:12:46 No.2512
mraさん、こんばんわ。Lubicスタッフです。
貴重な情報をありがとうございます。
2xbuilder、なかなか面白そうですね。
時間を取って試してみたいと思います。
一応リンクも追記させていただきます。
http://www.vector.co.jp/magazine/softnews/070628/n0706281.html

今度はこのソフトのレビューをアップしてみたいと思います。
他にも情報がありましたらご提供のほどをよろしくお願いします。


Re: 構想を練る助け? - mra 2007/08/08(Wed) 10:45:19 No.2513
材料の追加→幅/厚さ/長さはカスタムで設定して作ります。木材用ソフトなので仕方ないのですが、サイズ変更する場合長さしか変更できない(また新規作成する)のが難点かもしれません。あとスクロール付き3ボタンマウスが必須です。適当に弄べば1時間程で覚えられるので、3Dでグリグリ動かすと感動します。(私だけ?)

別件ですが、掲示板には画像以外添付出来ないのでしょうか?
仮で作ったFileとかUpして、見たい人は見るとか。


Re: 構想を練る助け? - ルービックstaff 2007/08/09(Thu) 16:36:46 No.2515
mraさん、こんにちは。Lubicスタッフです。
FILEのUPは当掲示板では行えませんが、staff宛てに送信いただけましたら、こちらで公開させていただきます。
よろしくご検討ください。ではでは。


Re: 構想を練る助け? - ルービックstaff 2007/08/10(Fri) 19:52:52 No.2518
mraさんのご好意でtwobybuilderで作成されたルービックのイメージ・データをアップしました!
3Dのグリグリ感が実に爽快で、創作意欲がふつふつと沸いてきます!

是非お試しください!

■twobybuilder(2xbuilder)のダウンロード先
http://www.vector.co.jp/magazine/softnews/070628/n0706281.html

■twobybuilderで作成したルービックのファイル
http://www.lubic.jp/archive/Lubic-Test.zip

*ファイルの安全性は確認しておりますが、ソフトウェアのインストールならびにご利用はユーザー様の自己責任において、行ってください。

mraさんへ、貴重な情報とファイルを有難うございました!


分解前に初投稿 投稿者:難児 投稿日:2008/10/08(Wed) 02:17:12 No.2717   
3年ほど前からLUBICを愛用しております。
初めて組み立ててから既に数回組み直しており、近いうちにさらにもう一度組み直しを検討しているのですが、未だ投稿経験が無いことをふと思い出しました。

組み直し前ではありますが、投稿させて頂きます。
写真が少しぼけててすみません。
コンセプトは、「メンテナンス性を保持しつつ無音PC化」です。

まず写真一枚目は、PC本体の全体像です。
「く」の字型を縦に二つ積んでます。
上段はつい最近電源が死んでしまったため、予備電源を暫定的に繋いでますのでゴチャゴチャしてますが。


分解前に初投稿2 - 難児 2008/10/08(Wed) 02:19:21 No.2718
上方より、フタ部分を外して写した写真です。
「く」の字状なのがおわかり頂けるかと。



分解前に初投稿3 - 難児 2008/10/08(Wed) 02:21:01 No.2719
下段のみの拡大写真です。

右側の奥まった部分は開閉扉になってます。
マザーボード他メンテナンス性のため開閉式にしました。



分解前に初投稿4 - 難児 2008/10/08(Wed) 02:24:54 No.2720
< 余剰パーツ組立品1 >
タップ配線類収納ケースです。
全体像写真の左端に少し写ってます。
埃よけのため、電源タップや光回線の終端装置などを収納しています。



分解前に初投稿5 - 難児 2008/10/08(Wed) 02:31:03 No.2721
< 余剰パーツ組立品2 >
外付けHDD固定台 兼 プリンタ台です。
4台のHDDを結合して1個のUSB-HDDにしています。
見えない部分ですが、フレームにアクリルパネルでフタをしてプリンタ台を兼ねています。
手前の布がかかった黒いものはルータとスイッチングHUB。



分解前に初投稿6 - 難児 2008/10/08(Wed) 02:33:23 No.2722
< 余剰パーツ組立品3 >
モニタ台 兼 キーボード置き場です。
下段にキーボードとスピーカ、上段にはアクリルパネルでフタをしてモニタ台にしてます。



分解前に初投稿7 - 難児 2008/10/08(Wed) 02:41:21 No.2723
LUBICは使用してないんですが、このPCの生命線ともいうべき自作水冷システムです。
全体像写真の右端に少し写ってます。

熱帯魚用の水中ポンプ、小型魚用水槽、及び日用品店で揃えた配管&チューブ類で4分岐水路を作成し、2機のCPUと2機のGPUを冷却しています。

PC本体の電源はAntec製の無音電源・Phantomシリーズ(今は売ってない?)、HDDはすべてScythe製品のHDDケース(青)に収納。
ファンは何一つ回っていません。
これにて圧倒的な低騒音を実現しています。
(水中ポンプの駆動音がわずかに聞こえるのみ)

初投稿が非常に長い投稿で申し訳ありませんでした。



Re: 分解前に初投稿 - Lubic Staff-K 2008/10/14(Tue) 18:32:21 No.2725
ご投稿有難うございます。 この度はご返信大変が遅れた事、誠に申し訳御座いません。
 
はじめまして、Staff-Kです。

長い間Lubicを愛用して頂き有難うございます。


これだけ豪勢に組んで"ほぼ無音"とは恐れ入ります。


写真をパっと見ただけでもメンテナンス性抜群のマシンだと分かります。
マザーボード近くの配線周り……、通常のATXケースでは到達する事の出来ないメンテナンス性を実現していますね。
「くの字型効果」と呼びましょうか?(笑)

OAタップ収納ケース、プリンタ台とLubicをフルに使用して下さってStaff-Kとしては誠にうれしい限りです。

モニタ、キーボード周りも非常に凝っていますね。 よく見るとキーボードと左右それぞれのスピーカーがフレームで仕切られていて、さらに長さもピッタリに収められているんですね。

画像にはマウスが写ってないようですが、どの位置で操作しているのでしょうか?
ちょっと気になったもので…。



そして何といっても私が一番驚いたのが、「自作水冷システム」です!

何をどうしたら作れるのか、自分にはまったく想像も付かず、ただただ、 「すごい!」 の一言です。
日用品や水槽からこれだけの物を作ってしまうとは、これはもう"自作"では無く、"発明"のレベルへ到達していると思います!


さらに電源ですが、AntecのPhantomシリーズ、今では定価の倍近い値段で売ってる所もあるという、レアなファンレス電源ですよね。
私も興味があるのですが、現状中々お目に掛かれないです…。


これほど徹底しているとなれば、それはもう静かなのでしょう。
圧倒的低騒音を私も一度生で体感してみたいです(笑)


新作が出来ましたら、是非また投稿してください!




さて、難児さんの投稿を記念して「ビルダー認定証」と粗品を進呈させていただきます。
「lubic.jp」内の販売商品で1,000円程度、ご希望の品がございましたらご遠慮なくお申し付けください



次のメールアドレス宛にお名前・ご住所・お電話番号をお知らせ頂けましたら幸いです。
 http://www.lubic.jp/fform.html



今後とも「Lubic」をよろしくお願いいたします。


Re: 分解前に初投稿 - 難児 2008/10/19(Sun) 11:10:39 No.2728
<初投稿5>の写真にて青い布がかかっておりますが、その下にルータ・スイッチングハブ・PC切替機があります。
マウスは無線マウス(Logicool製VX Revolution)を使用し、受信機を切替機のUSB端子に差してます。故に場所問わず。

水冷システムは低騒音ではありますが、残念ながら無音の領域までは達していません。
ポンプを完全に水没させて使用しても、若干の駆動音が聞こえます。
と言っても、駆動したまま余裕で寝れるレベルなので問題ないですが。
唯一の難点は放熱量。
ファンがひとつも無いため、放熱は水槽内の自然放熱でけっこう熱を持ちます。
冬場は暖房要らずですが、夏は窓全開orクーラーがないとつらいです。
水槽内の水温はおおよそ冬25℃〜夏35℃くらいです。


Re: 分解前に初投稿 - Lubic Staff-K 2008/10/20(Mon) 11:50:16 No.2730
ご投稿有難う御座います。 Staff-Kです。

青い布にそんな秘密が隠されいたとは驚きです。
場所を問わず、とはPCユーザーの理想郷ですよね(笑)
また、完全に無音の領域に達しましたら、是非ご投稿お願いします!!

完全に水没させても音がするものなのですね。
それでも、安眠できるほどの低騒音、素晴らしいです!
熱はやっかいですが、環境に優しい、お風呂PCなんてありかも。
熱帯魚も飼えそうですね。


またのご投稿をお待ちしております。


外付けリムーバブルHDDケース 投稿者:くろくま 投稿日:2012/07/02(Mon) 07:53 No.3582   
2年半近く前にアウトレットで購入した、外付けリムーバブルHDDケースの電源が壊れてしまいました。

そこで、これを機会に、電源内蔵の強制空冷式HDDケースをLubic化し、電源外付けの自然空冷式ケースに作り変えてみました。


元になったHDDケースは、
RATOC SA-DK5ES-PE↓です。
http://www.ratocsystems.com/products/subpage/sadk5espe.html

アルミ製の薄いケースなので、HDDのシーク音が太鼓みたいに響く事があって、ケースとしての使い心地は、いまひとつです。


SA-DK5ESを使う前には、
RATOC SA-DK2EU↓とか、
http://www.ratocsystems.com/products/subpage/sadk2eu.html

RATOC SA-IFKU2AF↓とかを使用していたのですが、
http://www.ratocsystems.com/products/subpage/saifku2af.html

どうも、電源が弱い気がしていました。


同じメーカーでも、
RATOC SA-DK1EU↓は、
http://www.ratocsystems.com/products/subpage/sadk1eu.html

安定して動いていたのですが…。


そんな訳で、SA-DK5ESを購入して間もない頃に、HDDケースの電源を剛力2プラグインに交換して、使用していたんですよね。

その際、汎用のATX電源が使えるように、電源スイッチも Ainex KM-03 に交換しました。

また、冷却ファンは静音タイプに交換したうえ、そのファンを、剛力2プラグインの電源連動ファンコネクタに接続する事によって、静音化して使っていました。


今回は、剛力2プラグインの電源ファンが壊れたわけではなく、また、HDDが起動しなくなったという程でも無いのですが、繋いだHDDが片っ端から壊れてきたうえ、同じ剛力2プラグインを使用している他のPCでも既に、同様な症状が起きていたので、電源の劣化と判断した次第です。


Re: 外付けリムーバブルHDDケース (2) - くろくま 2012/07/02(Mon) 07:59 No.3583
左側面です。


側面後方には、
タミヤのユニバーサルプレートL 210×160mm
http://www.amazon.co.jp/dp/B001VZHRYK/

を片面当たり2枚、切断しないで無加工のまま、使用しています。

5インチベイに入れているリムーバブルHDDフレームに、上下2段のネジ穴がある事を利用して、中央の3段目のリムーバブルフレームのところに、2枚のユニバーサルプレートの境がくるようにしています。

つまり、3段目上側のネジ穴に1枚目のプレートを、下側のネジ穴に2枚目のプレートをネジ止めしています。


5インチベイ前部のネジと後部のネジの間隔は、5mmの倍数ではないので、1枚のユニバーサルプレートでネジ止めする事は出来ません。

そこで、前部は別パーツの
ユニバーサルプレート 2枚セット (70157)
http://www.amazon.co.jp/dp/B001VZHRXG/

を使ってネジ止めしています。


こちらのプレートには、妙な突起があるので、その突起を折り取り、カッターナイフでバリを取った後は、切断せず無加工のまま、ネジ止めしています。

こちらもやっぱり、中央の3段目のリムーバブルフレームのところで、2枚のプレートが繋がるようにしています。



Re: 外付けリムーバブルHDDケース (3) - くろくま 2012/07/02(Mon) 08:02 No.3584
背面です。


電源は、PC本体のプラグイン電源から取るようにしました。こうすれば、電源を内蔵させるスペースが必要ありませんし、電力効率も上がると思います。

また、電源LEDとか、電源スイッチの工作をする必要もありませんし、PC本体との電源の連動も、気にする必要がありません。


PC本体のプラグイン電源に繋ぐSATA電源ケーブルには、
コンデンサ内蔵分岐ケーブル↓を繋ぎます。
http://www.amazon.co.jp/dp/B005J2Y41U/

このコンデンサ内蔵ケーブルは、HDDの安定動作のためには、非常に重要です。


そこから、
SATA電源→4ピン変換ケーブル↓等を介して、
http://www.amazon.co.jp/dp/B0012FWD6Q/

5つあるリムーバブルフレームと、最下段のeSATAポート付きポートマルチプライヤの基板に電源を供給します。


背面下部には、192mmフレームが2本、重なって設置されていますが、フレームの組み換えの名残りで、別に、2本重ねて設置する必要はありません。



Re: 外付けリムーバブルHDDケース (4) - くろくま 2012/07/02(Mon) 08:08 No.3585
前面には、アクリルパネルの ACMB-AO を差し込む事が出来るようにしました。

アルミ製リムーバブルHDDトレイの前面には吸気口があるのですが、そこから漏れるHDDの駆動音の高音域を、多少、抑える事が出来ると思います。

写真では、アクリルパネルの保護フィルムを剥がしていませんが、きちんと剥がしておけば、各リムーバブルフレームの電源LEDや、アクセスLED、HDDトレイに貼ったラベルを、それぞれ確認可能になります。


現時点では、まだ天板や底板を付けていませんが、プラスチック板を適切な大きさに切断すれば、Lubicフレームの溝に、はめ込む事が可能です。


上に付いている MF-DX は、一時的に上下を反転して、配線の確認をするために付けたのですが、完成した後に付けたままにしておく必要は、ありません。

まあ、見た目のアクセントとして付けておくというのも、ありかと思います。

あるいは、前面上部のMF-DXをコーナー部分へ移動させて、怪我の防止用を兼ねるという手も、ありますね。

(12/07/03 修正)



Re: 外付けリムーバブルHDDケース (5) - くろくま 2012/07/02(Mon) 08:12 No.3586
使用した工具の一部です。

鋼尺は、手持ちのものを流用しましたが、比較的安価に入手可能です。
http://www.amazon.co.jp/dp/B000ALF4KU/


この中にある、通常より長めのドライバーは、今回の作例では、必要不可欠な道具です。


また、オフセットラチェットドライバーは、一見必要が無いと思えるような箇所でも、必要になる事があります。

Lubicの製作では、最後の段階になるまで、ネジ止めをしたくない箇所が多々あるのですが、そのネジ止めをしていない状態では、工作物を動かす事が困難です。

実際には、スライドを差し込んだり、ネジ止めをしたりする都合で、工作物の向きを変えたり、裏返したりする事が多いのですが、ねじ止めをしていない状態で動かすと、せっかく差し込んだスライドが外れてしまったりするので、再び差し込み直すのに、無駄に時間と体力を消費してしまいます。

特にSSM4は、死ぬほど差し込みにくいですし…。

またDSM3は、あくまで、完成した工作物に対して、新たにネジ止めする目的で作られています。

未完成の、不安定な状態では、ネジ止めしてあったとしても、(加わる力の向きによっては)外れてしまいやすい気がします。


オフセットドライバーがあれば、工作物を動かさずに済む訳ではないのですが、無いよりはましです。

出来れば、写真のものよりも、さらに小型のドライバーも欲しいところです。

(12/07/03 修正)



Re: 外付けリムーバブルHDDケース (6) - くろくま 2012/07/02(Mon) 08:15 No.3587
通常より長めのマグネットドライバーの、柄の部分です。


プラスドライバーマグネット付き S-6300-250
http://www.amazon.co.jp/dp/B001NDMH1I/

プラスドライバーマグネット付き S-6300-150
http://www.amazon.co.jp/dp/B001NDMH18/



Re: 外付けリムーバブルHDDケース (7) - くろくま 2012/07/02(Mon) 08:19 No.3588
ドライバーの使用例です。


ケースの内側に対して、反対側からマグネットドライバーを挿入してネジ止めします。

マグネットを使って、ネジをドライバー先端にくっつける事が出来るので、狭い場所でも、ネジの取り付けや取り外しが可能になります。

また、長さがあるので、多少斜めの角度からネジ止めしなければならない場合でも、グリップ部分が邪魔になる事がありません。



汎用Extreme PC向け水冷装置 投稿者:Zoe 投稿日:2009/06/01(Mon) 23:42:12 No.2911 ホームページ   
Lubicで、水冷装置を作りました。
外付けの大型の水冷装置を作られている例は多々ありますが、外観重視のは見たことありません。
そこで、Lubicでインパクトのあるのを作ってみました。

縦、横、奥行きは、448、256、448のフレームで作っています。
その枠の中に、
・5段の5インチベイを作り、コントローラを設置
・上方にリザーバタンクを設置
・リザーバ後方にポンプを設置
・後方にラジエターの吸気ファンを設置
・最後にラジエターをVマウントで2個設置。
写真は、半完成状態で、もう1CH分の冷却ユニットを
追加する予定です。Lubicフレームとしては完成です。

特徴は、ラジエターをVマウント設置にすることで、
プッシュ側のファンの数を減らしてます。


Re: 汎用Extreme PC向け水冷装置 - Zoe 2009/06/01(Mon) 23:53:23 No.2912 ホームページ
こちらは、上方から見たところです。
ラジエターはBlackICE GTX360を2個設置しています。
名前の通り真っ黒で、携帯をデジカメ代わりにしているので、上手く表現できていません。(すいません。)
重い部品を、がっちり固定できましたので、Lubicを選んで正解でした。



Re: 汎用Extreme PC向け水冷装置 - Zoe 2009/06/02(Tue) 00:02:18 No.2913 ホームページ
横から見たところです。
真ん中のが、LANG D5ポンプです。
その上方で光っているものは、流量計です。
ラジエターとポンプの間のスペースに、
ちょうど、FLEX ATXサイズの電源が入ったので搭載です。
この電源は、本体PCと連動してON/OFFします。



Re: 汎用Extreme PC向け水冷装置 - Zoe 2009/06/02(Tue) 00:19:58 No.2914 ホームページ
水冷装置だけでは、何のことだか、よくわかりませんので、
本体との写真を載せます。
冷却対象のPCは、ATXのタワー型のケースに、
M/B:ASUS Z7S WS( ASUSのSkulltrailマザー)
CPU:Xeon X5470を2機
 (Core2DuoE8600@3.33GHzのQuad版みたいな仕様)
MEM:PC2-6400 FB-DIMM 2Gx4
HDD:Adaptec51245,2.5"HDD8機
GPU:GeForce9800GTX
これをOCで常用を目指しています。
GPUは、いいのが出たら、水冷化して搭載する予定です。



Re: 汎用Extreme PC向け水冷装置 - Staff-K 2009/06/02(Tue) 14:07:11 No.2917
初めまして、ご投稿有難うございます。 Staff-Kです。

うおぉぅ、これまたスゴイですね! "外見重視、インパクト" の謳い文句通りの作品!!

まさに"装置"と呼ぶに相応しい仕上がり。

流量計、そしてファンの光がリザーバタンクに反射してなんとも怪しげな雰囲気を出しています。

水冷装置にはそこまで詳しくない私ですら、「この装置はOnly oneである」と断言できる程、圧倒される作品ですね!(笑)

そして"がっちり固定"には定評のあるLubicフレームが、この装置のお役に立てて嬉しい限りです。
それとなく、LPを使い、うまく配線している点も見逃せません。


水冷装置もインパクト大ならば、PC本体もインパクト大なスペックですね!
SkulltrailマザーボードにCPU二つですか!! HDDも…。

この水冷装置にして、このPCあり!といった感じですね! …逆ですかね?(笑)

とにかく、スゴイの一言です…。


さて、この凄まじい水冷装置を製作した、Zoeさんの投稿を記念して「ビルダー認定証」と「1000円分のクーポン券」を進呈させていただきます。
「クーポン券」はLubic.jpでのお買い物にご利用できる割引券です。 
クーポン券に関しての詳細は以下のwebページをご参照ください。


http://lubic.jp/index_builder.html


つきましては、「ビルダー認定証」、「クーポン券」を送付する為、次のメールアドレス宛にお名前・ご住所・お電話番号をお知らせ頂けましたら幸いです。

 http://www.lubic.jp/fform.html

今後とも「Lubic」をよろしくお願いいたします。


また、ここまでの作品でなくともお気軽にご投稿してください。
またのご投稿、心よりお待ちしております。


初製作の Lubic PC (前面斜め左上から) 投稿者:くろくま 投稿日:2011/06/26(Sun) 21:24 No.3350   
PCの自作自体は2009年頃から考えていたのですが、2010年2月に、当時使用していたHP製PCの電源ファンが壊れた事を機会に、PC自作を始めました。とは言っても、PC自作は初めての事だったので、当時はLubicは使わず、安い電源付きPCケースの中に、幅200mm程度のMicro-ATXのマザーボードを組み込んで仕上げました。

その後、サブPC用に、Mini-ITXのマザーを買い込んだりもしたのですが、今年の夏は節電と、古くなったエアコンの負担軽減とPCの性能向上を兼ねて、Intel Core i3-2100T (TDP:35 W) を使ったマザーに交換することにしたのです。交換直前には、Celeron Dual-Core E3400 (TDP:65 W)を使ったフルサイズATXのマザーボードを使用していました。

しかし、いざマザーボードを交換するとなると、5インチベイに詰まっている部品が邪魔で、簡単には交換できません。

「ええい、こんな事なら、Lubicを使ったケースにしてしまえば、簡単に作業できるはず」と思って、発作的に組んだのが、今回の Lubic PC です。


使用したLubicパーツは、新たに購入したものではなく、将来のLubicを使った自作PCのために、少しずつ集めておいた部品のみを使用しました。このため、新たに部品を購入すれば解決可能な問題点が、若干残っています。

私の場合、Lubicパーツは「murauchi あるいは ゲットプラス で買い物をするときに、送料無料条件を満たすための、ついで買い」をする事によって集めています。そのため、これらの店で、あまり扱っていない448mmフレームとか、416mmフレームは持っていません。こういったフレームも必要だと思ってはいるのですが…。

当初、Lubicを使ったケースを組み上げる具体的な期日は決めていなかったため、あくまで、送料無料を満たすのを主目的にしていて、購入予定のLubicパーツでも、買い物の都合で、まだ購入していないものがあります。

とりあえず、手に入りやすいパーツを、すべて集めた後で、最後に直販サイトを利用する予定だったのですが、今回は急遽予定を変更して、自分が考えていたよりも早い時期に、Lubicを使ったPCを組み上げる事になりました。


初製作の Lubic PC (前面斜め右上から) - くろくま 2011/06/26(Sun) 21:35 No.3351
PCとしての構成は、以下の通りです。


・CPU:Intel Core i3-2100T (TDP:35 W)
・CPUクーラー:サイズ 刀3クーラー SCKTN-3000

クーラーは、以前から使用していたものを流用しました。

タワー型PCケースに入れて使っていた頃は、TDP 65 W のCPUをCPUファンレス(ただし、CPUクーラーの近くにケースファンを配置)で使っていたのですが、密閉されていない自然空冷の状態では、TDP 35 W のCPUでも過熱してしまいます。

そこで、きちんとCPUファンを装着し、BIOSで回転を最低に設定して使っています。それでも、良く冷えているみたいです。


・マザーボード:ASRock H67M-GE

当初、ASUSTeK製のマザーを購入する予定でしたが、値段の安さに負けて、こっちを買っちゃいました。内蔵のeSATAポートを目当てにしていたのですが、どうも、ポートマルチプライヤを認識しない(?)っぽい感じで、がっかりです。


・eSATAカード(PCI Express 接続):RATOC REX-PE30S

ポートマルチプライヤ対応eSATAカードです。


・アナログTVチューナーカード:I-O DATA GV-MVP/GX2W

PCIスロットに差し込んで使います。32ビット版Windowsにしか対応していません。

タワー型PCケースの場合、接続端子が裏面の奥にあるので、外部入力用AVケーブルを接続するのが、非常に厄介です。

しかし、Lubic PC の場合は前面入力に出来るので、簡単になりました。

また、前面入力だと、メンテナンスの際にアンテナケーブルを外したまま、付け直すのを忘れるといった状況を防げると思います。


・メモリ:4GB

32ビットOSを使っているので、2.73GBしか認識しません。


・SSD:Team SSD Xtreem G1 MLC 60GB TG060GS25AG1M

アプリケーションを、たくさん起動して使う場合、HDDのみだと、つらいです。

そこで2.5インチのSSDを、RATOC SA-35TRA-BK(リムーバブルフレーム用トレイ)に収納して使っています。後期のトレイには、2.5インチ用取り付け穴が開いています。
そのトレイを、RATOC SA-DK1EU(外付け式リムーバブルフレーム)の中から取り出したフレームに収納して使っています。ただし、フレームの4cmファンは騒音が大きいため、取り外してあります。


・HDD1:WD20EARS(2TB)

マイドキュメント用です。これをSA-35TRA-LG(リムーバブルフレーム用トレイ)に収納して使っています。
そのトレイを RATOC SA-RC1A-LGS(内蔵式リムーバブルフレーム)に収納して使っています。ただし、フレームの4cmファンは取り外してあります。

タワー型PCケースに入れて使っていた頃も、4cmファンは外して、ケースファンの吸引力を利用して冷却していたのですが、風切り音が気になりました。

現在は、完全に自然空冷で使っているので、無音で快適です。


・HDD2:WD20EARS(2TB)

バックアップ用です。ハード的には、HDD1と同じ構成です。


・BD-ROMドライブ;LITEON iHOS104


・電源:剛力2プラグイン 500W

以前使用していた電源付きタワー型ケースから流用したものです。
14cmファンを使っていて、割と静かです。


現在の構成だと、電力量計付きテーブルタップの表示によれば、アイドル時の消費電力は45W以下です。

BD再生ソフトを使えば、BDの再生も可能です(ただし、私が接続しているのは1280x1024のLCD)。

TMPGEnc Video Mastering Works 5 でHD編集をする場合、Celeron Dual-Core E3400 と GeForce8400GS を使っていた頃は、プレビュー再生が不可能だったのですが、現在の Intel Core i3-2100T の場合、サムネイル表示を切れば、なんとか、オリジナルの映像の雰囲気を残したプレビュー再生が可能です。ただし、滑らかに再生できる訳では、ありません。



初製作の Lubic PC (天板を外したところ) - くろくま 2011/06/26(Sun) 21:41 No.3352
天板は、スライドさせると取り外せます。やっぱり、天板が無いと、何か物を落としたときに、故障する危険が高いと思いますから。

見て分かる通り、ACMB-AOを、そのまま使っています。



初製作の Lubic PC (背面斜め上から) - くろくま 2011/06/26(Sun) 21:48 No.3353
天板を外した状態の背面は、非常に作業性が良くなっています。

そのため、「まな板」感覚で使えるかもしれません。



初製作の Lubic PC (CPUファン周辺) - くろくま 2011/06/26(Sun) 21:55 No.3354
マザーボードを外さなくても、CPUファンの交換が可能です。


初製作の Lubic PC (拡張カード周辺) - くろくま 2011/06/26(Sun) 22:01 No.3355
スロットカバーはネジで支えられているのですが、そのネジをねじ込んでいるLubicフレームは、上下それぞれ1か所(計2か所)のネジを緩めれば動くようになっています。

ここは手締めネジを使いたいところですが、持っていなかったので、普通のネジで止めています。



初製作の Lubic PC (スロットカバー拡大) - くろくま 2011/06/26(Sun) 22:11 No.3356
スロットカバーはボックスドライバーでねじ込んだMBSCで支えてから、MSC9M3M3を手回しでねじ込んで固定しています。

MSC9M3M3は必ず使わなければならない訳では、ありませんが、ネジ止めしないと拡張カードにケーブルを接続する際に、カードの差し込みが緩む原因になるので、ネジ止めしたほうが良いです。

MBSCを通すスロットカバーのスリットは2種類あるのですが、どちらかに統一すれば、どちらのスリットでも使用できます。ただし、マザーボードの取り付け位置を調整する必要があります。

MSC9M3M3を使わずに、気楽に拡張カードを使いたい場合は、写真で使っているような中央のスリットではなく、端のスリットを使ったほうが好ましいと思うのですが、作例のようにマザーボードを5インチベイの左に設置すると、端のスリットにMBSCを通そうとしても、MSC9M3M3を使わずに固定する事が出来ません。

つまり、マザーボードを倒立配置にして、5インチベイの右側に設置すれば、拡張カードのスロットカバーの端のスリットを利用して、MSC9M3M3を使わずにMBSCのみで固定できるような気がします。
未検証ですが…。

私の設置環境の場合は、ケーブルを左へ延ばして使いたいので、この構造には満足しています。


それから、現状でも拡張カードの取り付けには、それほど困るとは思えないのですが、より取り付けを楽にするために、マザーボードを一時的に水平に出来るよう、側面にもフットパーツを取り付けるという手も、あるかもしれません。

その場合は、Lubicフレームの組み方も、重量が掛かる事を前提に、少し変える必要があると思います。



初製作の Lubic PC (マザーボードの手前の固定部分) - くろくま 2011/06/26(Sun) 22:17 No.3357
マザーボードの手前はL型金具で固定しています。ここは、手締めネジを使いたい気もしますが、持っていないので使っていません。


初製作の Lubic PC (マザーボードの奥の固定部分) - くろくま 2011/06/26(Sun) 22:25 No.3358
マザーボードの奥の側もL型金具で固定したかったのですが、SSを使わずに3Sで固定すると、金具が、かなり飛び出してしまいます。

そこで、L型金具の代わりに、256mmの銀色のフレームでストッパーにしています。


実は、今回のPCのマザーボードを差し込むレールとなる部分には、思ったよりも上下方向に余裕が出来てしまっていて、マザーボードのがたつきの原因になっています。これを放置すると、拡張カードの差し込みが緩む原因になります。

今回は、手持ちのパーツだけで組むという条件なので、これ以上改善は出来なかったのですが、もっと長いフレームを使えれば、レールの位置を上下に調節可能な構造に出来ます。

そうすれば、がたつきを抑えるだけでなく、ACMB-AO以外のマザーボード用アクリル板、つまり、ACMB-MOやACMB-FAも使えるような構造に出来ると思います。

その場合でも、マザーボードの固定は現行の2か所ではなく、4か所で固定したほうが良いかもしれません。

今回は、金具のSSに手持ちがなく、また、L型金具も手持ちを使い切ってしまったため、2か所のみ固定にしています。



初製作の Lubic PC (電源部分) - くろくま 2011/06/26(Sun) 22:38 No.3359
電源は5インチベイに比べて、微妙にサイズが大きいので、縦置きにしました。

本来は4か所で固定するべきなのですが、空間に余裕が無かったので、3か所での固定にしてあります。

その割には、その上部のリムーバブルフレームの間には、自然空冷のための隙間が空いているのですが、隙間を原則として16mmと決めていたので、必然的に余裕が無くなりました。

なぜ16mmに決めたのかと言えば、Lubicフレームを使って、寸法が簡単に測れるからですね。ネジ止め前の仮組みのときにも、Lubicフレームが使えますし…。

5インチベイの固定に9Sを使用すれば、5インチベイの間隔に、もう少し融通を利かせられたかもしれません。今回は9Sの手持ちが無かったので、使えませんでした。

また、手持ちのフレームの最大サイズが384mmだったのも影響しています。ここで448mmフレームが使えれば、5インチベイを4つではなく、5つ設置する事が可能になります。ちょうど、マザーボードのSATAポートも、1つ余っていますし…。


それから、このPCでは5インチベイに重量が集中してしまうので、フットパーツは4か所ではなく、6か所使ったほうが良いかもしれません。

今回は、手持ちのフットパーツが4個しか無かったので、4か所のみ使用しています。



初製作の Lubic PC (スイッチ部分) - くろくま 2011/06/26(Sun) 22:48 No.3360
普通のPCは電源スイッチに埋め込み型のボタンを使うと思うのですが、Lubicのスイッチは、前に突き出る構造になっているので、処理が厄介です。

5インチベイや、3.5インチベイに取り付けるタイプのスイッチが、PCパーツとして市販されていれば良いのですが、そういうものは、あまり無いみたいですし…。

今回は次善の策として、光学ドライブの陰になる部分にスイッチを設置する事にしました。

スイッチのLEDは、暗い場所で使用するには明るすぎるので、とりあえずテープを貼っています。機会があれば、交換したいところです。



初製作の Lubic PC (リムーバブルフレーム背面) そして、まと... - くろくま 2011/06/26(Sun) 22:59 No.3361
背面の丸い穴を見れば分かるとおり、もともとあった40mmファンは除去しています。



今回のような開放構造、自然空冷のPCは、人に見せても良さが分かってもらいにくい気がします。

しかし、自作PCをする立場から言えば、非常に心安らぐものがあります。


・パーツが壊れた場合や、別のパーツに交換したい場合に、最小限の手間で済む。

普通のPCケースで、電源やマザーボードやCPUクーラーを交換しようと思うと、ちょっと嫌な気持ちになってしまいますね。手間暇を考えると。


・なんといっても静か。

無理に強制空冷しようとしていないので、割と静かです。特にHDDをファンレスで使用できるのは、4cmファンを搭載したHDDケースや、うるさい8cmファンを搭載したHDDケース、あるいは、ファンを除去して使っているのに、風切り音に悩まされるリムーバブルフレームを使ってきた身には、とても有難いです。


・通常のPCケースよりも奥行きを取らない。

テーブルの上に設置する場合、圧迫感が減ります。横幅は増えてしまいますが…。


・パネルが前面に集中しているので、接続状態が一目瞭然で、繋ぎ替えも簡単。また、オーディオ系などの配線が減って、PCの製作も簡単に。



Re: 初製作の Lubic PC (前面斜め左上から) - STAFF-T2 2011/06/27(Mon) 12:38 No.3362
くろくま様、初めまして、こんばんわ。 ルービックスタッフです。
ルービック作品の画像投稿をありがとうございます。

ケーブルの取り回しやメンテナンスが非常に効率よく出来そうでとても参考になります。
私も最近ではあまりパーツの交換はしなくなりましたが頻繁にパーツの変更をしている時は、既存のケースだと取り回しに苦労しておりました。


さて今回の画像投稿を記念しましてビルダー認定証をお届けいたします。
副賞といたしまして当店でご利用いただける電子クーポン(1,000円相当)を謹んで進呈させていただきます。

詳しくは http://www.lubic.jp/index_builder.html 
をご高覧くださいますようお願い申し上げます。

この度の投稿を誠に有難うございます。
以上宜しくお願い申し上げます。


Re: 初製作の Lubic PC (前面斜め左上から) - Qクッビール 2011/07/03(Sun) 07:18 No.3364
はじめまして!
なかなか良くできていますね!
せっかく良くできているんですから、アクリルパネルの保護フィルムを剥がして、クリアにしたほうが格好良く見えますよ♪
今のままでは段ボールのようで・・・


初製作の Lubic PC (実使用時の状態) - くろくま 2011/07/03(Sun) 12:33 No.3365
ストロボの都合で明るく写っていますが、実際には、こんなに内部が明るく見える訳では、ありません。

PCの上に乗っかっているのは回転台(黒)と、リモコン付き扇風機(対人用)です。右から伸びている白いコードは扇風機のものです。PCケースに横幅があるので、扇風機のような大きな物も載せられます。

PC自体の発熱が大きいようならば、PCの裏にクリップ扇風機を設置して冷却するという手もあるのですが、実際の発熱は大きくないので、その必要は、ありません。

USBポートにはUSB自在アダプタ(AD-3DUSBW9)を通して、ワイヤレスキーボード(サンワサプライ SKB-WLTP01SV)とワイヤレスマウス(マイクロソフト ブルートラック マウス Wireless Mobile Mouse 4000)のレシーバーを接続しています。

この他に補助として、マグネット付きUSB延長コード(AU220MEMT)を通して、Lenovo ミニ・ワイヤレスキーボード N5901 のレシーバーも接続しています。延長コードのマグネットをカーテンレールにくっつけると、電波の遮られにくい高い位置に、レシーバーを設置できます。

ワイヤレスキーボードの SKB-WLTP01SV は、動作が若干不確実なところがあるので、BIOSの設定とか、OSのインストール時には、N5901のほうが安心して使用できます。N5901は常用マウスとしては、あまり使い勝手が良くないのですが…。



コメントありがとうございます。


確かにダンボール色は、あんまり写真写りが良くないので、次回にPCケースを作って写真を載せるような機会があるとしたら、もうちょっと見栄えを良くしたほうが良いと、自分でも思いました。

次に作るときは、天板にアクリルを使うだけでなく、側面や底面など、前面以外のすべての面にアクリルを取り付け、更にファンも取り付けて強制空冷にし、前面部分にも、もう少し覆いとなるパーツを付けて、内部が直接見えにくくなるようにするのも、ありかなって思っています。

そして、写真の撮影が終わったら、アクリルとファンを取り外して使う……と。(←おい!)


透明アクリル窓のついているケースは、市販ケースにもありますけど、個人的には、透明な窓を使って基板やケーブルを見せたい/見ていたいという発想が無いんですよね。

お金や手間暇を惜しまず、自分好みにに作るとしたら、フレームや金具は銀色で統一し、アクリルは乳白色にするのが良いんじゃないかと思っています。

まあ、Lubicパーツを扱っている店では、銀色よりも黒の取り扱いが多いようなので、私も、これまで黒を中心に集めてきましたし、自分の部屋に置くPCではなく、人に見せる場所に置くPCを作るときには、オールブラックのPCにしたいと思ってます。アクリル板は、黒か、スモーク透明にすると良いかもしれません。


> 段ボールのよう

今回、アクリルが段ボール色なのは、単に傷つくのが嫌だなって思ったので、それを優先しましたが、写真ではなく現物を直接見ていると、「これは、これで、ありかな」って思わないでもないです。アクリルの表面は段ボールのように、でこぼこしていないので、それほど気にならないような気もします。

まあ、「配色が、とっても綺麗です」なんて主張する気は、ありませんが…。


でも、段ボールを使ったPCというのは、実は、構想段階では本気で考えていました。

…というのも、Amazonの梱包に使用されている段ボールが、Lubicフレームの溝にはめ込むのに、ちょうど良い厚さなんですよね。

Amazonのロゴを意図的に残して、「このたび、AmazonとLubicが協業して、再生可能なリサイクルPCケースの使用を推進する事になりました」なんて嘘の宣伝文句を付けて、写真を載せたりしたら楽しいだろうな……とか。

まあ、それは冗談にしても、段ボールはアクリルに比べて格段にコストが安くて、入手しやすく、加工も簡単なので、Lubic PC の構成素材としての可能性は感じます。

見た目が気になる場合は、何か、綺麗な色の壁紙を探してきて貼るとか、印刷して貼るといった事も、出来るかもしれません。これは、アクリル板を使った場合についても言える事では、あるのですが…。

段ボールをPCケースの材料として積極的には使用しないとしても、アクリル板を発注するまでの代替材料として使うという使い道は、あるんじゃないかと思っています。



Re: 初製作の Lubic PC (前面斜め左上から) - Qクッビール 2011/07/04(Mon) 10:32 No.3366
なるほど! 傷対策でしたか! 納得です。 私の場合、喜んで、最初に保護フィルムを剥がしてしまい、PC組立途中でアクリル板を傷つけてしまい・・・・ガッカリ・・・という経験が何度もありました。
Amazonの梱包段ボールPCも面白そうですね!
PCスロットの固定方法は勉強になりました!


Re: 初製作の Lubic PC (前面斜め左上から) - ヤスシ 2017/06/07(Wed) 05:25 No.4138 ホームページ
ご情報ありがとうございます。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -